旧車CB750 K1 フロントフォークオイルシール交換

 昭和46年製造 CB750 K1のフロントフォークオイルシールを交換してみました。


フロントフォークに若干オイルが滲んでいたのでオイルシールを交換しました。
 

まず、フロントジャッキアップをしてフロントフェンダー、フロントタイヤを取り外します。





















ブレーキキャリパーをブラケットごと取り外し、ハンドルバーをガソリンタンクの上に移動しフォークボルトを緩めました。


ステアリングステムボルトを緩めてフロントフォークを引き抜きました。


次にフォークの分解です。まず、ドレンボルトを外してフォークオイルを抜き取りました。





























次にサークリップを外し、インナーチューブ、スプリングを抜き取り、オイルシールの交換をして、フォークオイルを正規量入れエア抜きをしてオーバーホール終了です。


















 


 
アイアンイーグル公式サイトへ * 旧車 * 18:12 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ